2005年08月14日

おすすめMP3Player

ここのところ、お盆の影響で多くのニュースサイトが休みなので、今回は自分が使ってよかったMP3プレイヤーの紹介。

多くの人が安くていいものならiPod shuffleだと思っているかもしれない。
確かに今までのものから考えれば低価格で大容量と言える。
14800/1GBなら多くの人が満足しただろう。
しかし、それを上回ると言えるプレーヤーが出現した。
SamsungのYP-C1Zである。デザイン等は人々の主観によるためここではふれない。
純粋にスペックで比較してみると多くの優位点が見られる。


Samsung@楽天



まずはスタミナだ。単三仕様で入手性のいい電源は42時間持つ。私は一日90分ほどの使用だが、丸10日たっても付属の電池のメモリ(3段階)が一メモリも減らないのはスタミナの証だろう。
人によって評価は異なるだろうが、コピー&ペーストで転送が可能なのも容易だといえる。

なんといっても3000ほど安いのに液晶も付く。液晶のあるなしで躊躇していた人にもお勧めだ。

操作性は若干癖があるが、問題ないレベルだ。ファームアップも可能なのでこれからの機能追加等も期待したい。

繰り返すが、これらのスペックで、送料、代引き手終了込み11800はコスト重視派におすすめだ。メモリチップ製造メーカーならではの値付けだろう。


posted by 天津風 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | AV/家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

IDF FALL 迫る。

インテルのテクノロジー発表会として著名な存在であるIDFが迫ってきた。
今年の目玉はMerom/Conroeといえる。サブ的な位置づけとして私は是非65nmプロセスの発表があればと期待する。
詳しくはこちら

インプレス
posted by 天津風 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

RMTは暗黙の了解だが。

MMORPGにおいて、RMTというのは禁止事項であるのだが、ヤフオク等では多くの出品が見られる。しかしここまで大規模なのは初耳といえよう。

ソニーによると、ハッカーのグループが先週末、オンラインゲーム「Everquest II(EQ2)」で使われている通貨を大量に偽造したため、同グループが捕まるまでの24時間で、ゲーム内の経済が20%のインフレ状態になったという。

 EQ2の開発元であるSony Online Entertainment (SOE)のChris Kramer(広報担当ディレクター)によれば、偽造を行ったプレイヤーらは米国時間6日、同ゲーム内で通貨として通用しているプラチナを大量に偽造するために、いわゆる「デューピングバグ(duping bug)」の使用を開始したという(デューピングバグとは、オンラインゲームのコードが持つ弱点を悪用し、通貨などのアイテムを効率的に偽造するハッキング行為をいう)。

 偽造を行ったプレイヤーらはその後、不正なプラチナの売却を「Station Exchange」で試みようとした。Station Exchangeは、EQ2で使われる武器、鎧、通貨などの仮想アイテムを売買する公式オークションシステムだ。「ゲームで使われる通貨量が約24時間で5分の1も増加した」とKramerは説明し、「この種の事柄を検知するアラームを多く用意しているが、同日、それらのアラームが一斉に作動した」と語った。

(cnet)
posted by 天津風 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

音楽はどう流れるのか

音楽はどちらに流れるのか。
個人的にはネットへという流れには賛同する。

ただし、その曲が一曲当たりで考えて妥当かと聞かれれば私はNOだ。

150〜200円というその設定は1曲もしくは2曲買うならアルバムのレンタルができてしまうからだ。よって私はネット配信に対応はできるものの、私自身がレンタルからそちらへ移るかといえば、現状では移らない。
このコストが私をネット配信へ移行するということを踏みとどまらせている。

もちろん、DRMがめんどくさい/鬱陶しいというのも理由なのだが。
posted by 天津風 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GeForce7800GT発売予告

Akiba PC Hotlineによると、複数の店舗でGeForce7800GTの予告が出てきたそうだ。

GeForce 7800 GTXの下位に当たると見られるNVIDIAの未発表GPU「GeForce 7800 GT」を搭載した製品が12日(金)に発売になることが確定的となった。
 発売が予告されているのはInnoVISION製「GF 7800 GT W/256MB DDR3 VIVO」、Leadtek「WinFast PX7800 GTX TDH MyVIVO」、玄人志向「GF7800GT-E256HW」の3製品。

 InnoVISION製品は代理店の興隆商事が12日(金)発売で価格未定とし、Leadtek製品はドスパラ秋葉原本店が12日(金)発売で予価48,800円、玄人志向製品はクレバリー1号店が12日(金)発売で予価48,286円としている。

 InnoVISION製品に添付のスペックシートによると、GeForce 7800 GTのスペックは、「コアクロック400MHz」、「20ピクセル/クロック」、「256bitメモリインターフェイス」といったもの。対応インターフェイスはPCI Express x16で、SLIに対応することもうたわれている。

 3モデルとも、256MBのDDR3メモリを搭載、Dual DVI+ビデオ入出力機能付き、という高機能タイプ。具体的な性能に関しては未知数だが、上位モデルのGeForce 7800 GTXはハイエンド製品としては人気が高く、その廉価版、という意味でも注目される製品だろう。

(Akiba PC Hotline)
とのこと。
なお、未発表の噂ではあるが、既存のGeForce6800系のプライスカットという話も出てきている。
もう少し動静を見極めるべきかもしれない。

なお、楽天市場に関してはまだ入荷情報はない。
posted by 天津風 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

Microsoftから最新のアップデート。

6件の修正が入っています。お早めに当ててください。
posted by 天津風 at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続々 楽天情報流出

このブログでもたびたび報じているAMCによる情報流出だが、楽天だけにはとどまらない模様だ。オークションやショッピングモールを運営するビッダーズからも同店は流出していたと見られるからだ。

Cnetの該当記事によると、こちらの流出は約8500人分。

国内かつ単独企業からの流出事件では相当な大規模だ。
私はAMCの顧客情報はその9割り方が流出したように思えてならない。

ここまで来ると、消費者の自己防衛の限度を超えているといわざるを得ない。
posted by 天津風 at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

おすすめCPU-GeodeNX

AMDのモバイルCPUといえば現時点での主役はAthlon64/Sempronファミリだ。
しかし、それ以上の人気を誇っているのが、
Geode NX


シリーズだ。

AthlonXP-Mを母体とするこのCPUは低電圧と十分なパフォーマンスを両立させている。
実際、WindowsXPを動かしていても大きな不満は生じない。

AMD Geode NXプロセッサ・ファミリには、汎用性に優れパワフルな3つの製品 − AMD Geode NX 1250@6Wプロセッサ、AMD Geode NX 1500@6Wプロセッサ、AMD Geode NX 1750@14Wプロセッサ があります。

AMD Geode NXプロセッサ・ファミリは、先進アーキテクチャの採用により、幅広いインターネット・エッジ・アプリケーションやペリフェラル・アプリケーションなどに対応するパワフルなソリューションを実現します。AMD Geode NXプロセッサ・ファミリは、ファンレス動作において最高のx86性能を発揮します。

主な特長は以下の通りです。

低消費電力
先進第7世代コア
長期的な製造・サポート
128KB L1キャッシュ


(AMD)

元々は
FSB266MHzのAthlonXPなだけに、多くのマザーでも動作が確認され、一部のベアボーンでも動作する。Duronを使ったシステムのパワーアップに、また静穏仕様のメディアサーバー等にいかがだろうか。

動作報告のベアボーン 

iDEQ 210V


EQ3704W

coneccoによる価格ランク
posted by 天津風 at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows2000、最終メジャーアップデート

多くの企業ユース等でまだまだ現役世代のWindows2000であるが、先日SP4Roll up1が最終アップデートとなる予定だった。
だが一部ユーザーの環境ではまだ不都合が残るということで、もう一度改正版のRoll upを行うとのことだ。

Microsoftは、先ごろリリースしたWindows 2000用アップデートに見つかった互換性の問題を修正する作業を進めている。

 同社は、6月に公開した「Windows 2000 Update Rollup」が、登場から5年が経つ同OSにとって最後のメジャーアップデートになるとしていた。だが、これらのパッチが一部ユーザーのシステムで問題を引き起こしていることから、同社ではその修正に取り組んでいることを明らかにした。

 同社のPeter Houston(Windowsサービス戦略担当ディレクター)は声明のなかで、「Windows 2000のUpdate Rollup 1は、現在までに数百万回ダウンロードされているが、ごく一部でいくつか問題が発生している」と述べている。

 Microsoftはまた、これらの問題の多くは回避策が見つかったため、Update Rollupをダウンロードサイトから削除することはないと述べた。Houstonは、Update Rollupをダウンロードし、動作が確認できているユーザーは特に問題ないが、まだこれをダウンロードしていないユーザーは「Microsoft Knowledge Base(MKB)」を参照し、問題が発生しそうかどうかを確かめるべきだと述べている。


2000は軽さと堅実さを併せ持つため、低スペックマシンであっても導入は容易であることから、Windows98SE世代のマシンでも比較的無理なく導入できた。私もNECの98SEノートにインストールしていた。

一時代を築いたOSの最終アップデートというのには感傷的ではあるが、万感の思いがある。

posted by 天津風 at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

itunes music store、出だしから好調。

プレスリリース等によれば、iTunes Music Storeが、サービス開始から4日目で100万曲を販売したことを発表した。
非常に速いペースといえるだろう。
これによって、ほかのダウンロードサイトの値下げ競争等が激しくなることを期待したい。

posted by 天津風 at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

続報:楽天情報流出

さすがに3桁の程度流出ではないと思っていたが・・・

Cnetによれば36000件を突破したそうだ。うちクレジットカードが含まれると見られるのは1万件。早急の原因調査と責任の所在を明らかにすることが求められるが、仮に根本的に問題があったとなればその件数は昨年のyahooをはるかに越えることとなる。

前回も書いたが、このシステムを使って構築しているストアの公表と対策の発表、その現状の報告を強く求めたい。


楽天は8月6日、楽天市場の店舗で買い物をした顧客の個人情報が流出した事件(関連記事)に関して、8月6日午後10時現在、累計で3万6239件の個人情報流出を確認したと発表した。いずれもセンターロードが運営するAMCで取引をした顧客の情報だという。

 8月5日にマスコミから提供された追加情報をもとに調査したことで判明した。AMCの累計受注件数である約9万4000件のうち、約3分の1の情報が流出したことになる。

 このうちクレジットカード番号が含まれるのは1万26件だ。同社ではすでにAMCでクレジット決済を行った約2万1000件の顧客に対して注意喚起の連絡をしており、クレジットカード番号が流出した顧客にもこの連絡をしているという。また、カード会社に対してクレジット情報の不正利用がないかどうか、監視(モニタリング)するよう依頼している。

 なお、楽天によれば、マスコミから提供された情報には、楽天以外のサイトで購入手続きが行われたと思われる取引情報が少なくとも8545件含まれていたという。

 楽天では事件の再発を防ぐため、8月11日から店舗側がクレジットカード番号を取り扱うことなく受注処理できる「楽天市場 カード決済代行あんしんサービス」や「R-Card plus」と呼ばれる制度を導入する


Cnet

posted by 天津風 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

今日は速報

速報で早速Athlon64X2 3800+の値段を入れました。

後は4200+と4400+の入荷も確認しました。
ところが4400+はプレミアですね。価格改定が入ったにもかかわらず79800円をつけてました。
最上位コアの一番下は人気が出るとはいえ、ここまでとは。
ヨドバシは期間限定でPentiumD820を33000から2000円引き。
4200+と4400+は取り寄せとか。

今日のお買い物は
イヤーレシーバー



後は友人に6600GTのジャンク1500円を買わせ(正常動作、RADE9800から切り替え)、
地図ソフト


、プリンターのインクといったところ。

posted by 天津風 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツートップ仙台

速報 64x2 3800+ 44980
posted by 天津風 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

Mac-intel、やはりセキュリティチップ追加か。

やはりというべきだろう。Appleコンピュータの関連筋からインテルMacに搭載するためのチップがある、との情報が流れてきた。
推測するならば、これはプロテクトのかかったBIOSチップとでも言うべきだろうか。

Macユーザーなら基本的にマックは発売時に搭載されていたOSからのダウングレードは認められないということを知っているだろう。
だからこそ、OS9ブートのできるパワーブックは人気が今でもあるのだが。

Apple Computerが外部のソフトウェア開発者に貸し出しているx86プロセッサベースのPowerMacに、特別なセキュリティチップが搭載されていることがわかり、Macファンの間で波紋が広がっている。このチップは、同社が開発を進めるIntel Mac用の新しいOSを、他社のマシンにはインストールできないようにするものだ。

 Appleはこの開発者向けのPowerMacを、同社がプログラマー向けに運営している「Apple Developer Connection(ADC)」のメンバーに提供している。このPowerMacには、「Trusted Platform Module(TPM)」と呼ばれるマイクロコントローラが搭載されているが、このなかにはMac OSXをインストールするのに必要なデジタル署名が含まれている。

 匿名希望のあるADCメンバーは、CNET News.comに対し、このマイクロコントローラが実際に存在することを認めた。


(Cnet)

私はこれは当然見込まれた流れだとは思うが、はっきり言って残念といわねばなるまい。
自作もしくはメーカー品のOSの乗せ代えという、必要もしくは楽しさに含まれることを放棄せねばならないからだ。
個人的には、OSもMSとおなじくOEM(DSP)パッケージを準備してほしいと思っている。
Pentium系だけではなくAMD Athlon64でも使ってみたいと思っている。
posted by 天津風 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(2) | AV/家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

Macもマルチボタンマウスへ Appleコンピュータ製

とうとうマックもマルチボタンになるのか。
いい意味でも悪い意味でもマウスはワンボタンという伝統をかたくなに守り続けたAppleコンピュータとMacがとうとう純正でマルチボタンマウスを発売した。これまではサードパーティ製のマルチボタンマウスは使えたものの、純正で出したのはこれが初めて。

「Mighty Mouse」という名前のこの49ドルのマウスは、360度のスクロール可能なスクロールボールを搭載するほか、左右側面をつまむことでクリックとして検知されるようにカスタマイズでき、Apple信者向けにはシングルボタンマウスとしても機能する。

 Windows PCでは、何年も前からマルチボタンマウスが標準となっており、Mac OSでも以前から右クリックを認識するようになっていた。しかしAppleは1ボタンのデザインを踏襲し続け、Bluetooth接続のワイヤレス版を追加するなどしても、1ボタンのデザインを変えなかった。

 AppleのDavid Moody(Mac製品マーケティング担当バイスプレジデント)によると、同社は、スクロールと複数ボタンの機能を持ちながら、1ボタンマウスと同じように簡単に使えるものがデザインできるようになるのを待っていたという。

cnet

私がいる掲示板では今までもMX-700/900/1000をMacで使いたいという相談は多聞にあったことから、潜在需要は大きいだろう。
posted by 天津風 at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(2) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

Yahoo、Google ADsenceと同様のサービス開始か。

ヤフーUSAはCnetに対し、個別サイト向けのサービスを開始することをリークしたようだ。当サイトでもグーグルの同様のサービスを使用しているが、これで競争が激化することになるだろう。

ほかのアフィリエイトサイトにも動きがあるかもしれない。日本語版の発表が待たれる。
posted by 天津風 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

Sleipnir 2のニューバージョン。

大人気のタブブラウザ、Sleipnirの後継のSleipnir2がバージョンアップを行った。
先日アルファ版/ベータ1版が出ていたが、今回はお気に入りやジェスチャーが実装され、大きく実用段階に近づいたといえる。

これでSleipnir1.66ユーザーも2.00B2に移って見るめどが立ったといえるだろう。

posted by 天津風 at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(5) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IE7,現在のブラウザが目指す方向性とずれ?

IE7は最新のブラウザが目指す方向性とは若干の遅れがあるらしい。というのもW3Cのテストを現時点ではクリアできていないらしいからだ。ライバルのブラウザたちがこれらのテストにチャレンジする中、デファクトスタンダードということにあぐらをかいた結果なのだろうか。

幸い、IE7はまだベータ段階でもあることだし、XPにも対応するとはいえVistaに間に合えばいいと私は思っている。

なぜなら選択肢がIEしかないわけではないからだ。たとえばOperaという手もあるだろう。
gekkoエンジン側のブラウザというのもありだろう。
IEでなければならないということはそう多くはない。
今はまだ見守っていればいいだろう。SPが当たったあたりでの対応となるのだろうか。

Microsoftは自社のブラウザ関連ブログで、各ブラウザによるW3C(World Wide Web Consortium)勧告のサポート状況を調査するWeb Standards Projectの「Acid2」テストにIE 7が合格できないことを認めた。W3C勧告にはCSS1(Cascading Style Sheets)、HTML4、およびPNG(Portable Network Graphics)などが含まれる。

 「IE7は、出荷時点ではこのテストに合格できないだろう」と、IEのウェブプラットフォーム主任プログラムマネジャー、Chris Wilsonはこのブログに記している。「われわれは、IEが現在CSSのサポートで後れを取っていることは十分認識している。われわれは、Acid2テストを徹底的に調査し、このテストで明らかになるIEの問題を詳細に分析し、バグや仕様を確実に洗い出した。しかし、かなり大規模で実装が困難な機能がいくつかあり、それらすべてをIE7の最優先事項にすることはできない」(CNET)


posted by 天津風 at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(3) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AMD、価格改定。Athlon64X2も値下がり。

AMDが価格改定後の値段を発表した。
リンクはこちら

さて見所はミドルレンジのAthlon64X2 3800+が追加されたことか。予価は44000円。初物でのプレミアが若干つくものの、シングルコア版3800+から数千円程度の価格で追加できるのは大きな魅力。

さてミドルレンジに目を向けると、3500+が値下がりしたのに注目したい。実売で25000円程度であろうか。今までの3200+のレンジにそのまま食い込むことから、3500+の人気は継続するだろう。
ハイエンドでは、OPTERON系の値下がりが多い。一般用途では使う機会はまずないものの、面白い傾向だ。

ローエンドではSempron2600+に注目したい。これは64Bitのものと32Bitバージョンで設定価格に差がない。
実際、通常使用においてはこの辺でも不都合はないことから、セカンドマシンがほしいとか、低コストを追及してみた時でも、将来に備えて64Bitを見据えることに追加コストがかからないのはいいことだ。

上位モデルが30%程度下落したPentiumM系と比べてみるのもいいだろう。
posted by 天津風 at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(2) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

ビデオカードなのにデュアルバイオス?Abitより登場。

RADEON X800 XL搭載PCI Express x16ビデオカード「Fatal1ty X800 XL 512MB」がABITから登場した由だ。
スイッチによって400/500と420/550を切り替えるもので、メーカーによれば、GIGA-BYTEのマザーでいうところのデュアルバイオス的動作をするという。
片側が壊れてももう片方で更新や修復が可能ということだ。

AKBA PC HOTLINEによれば、入荷したのは以下のとおり。
51,800 TSUKUMO eX. 3F
51,800 高速電脳
55,440 USER'S SIDE本店

興味深いパーツの一種だ。
posted by 天津風 at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ