2005年08月12日

RMTは暗黙の了解だが。

MMORPGにおいて、RMTというのは禁止事項であるのだが、ヤフオク等では多くの出品が見られる。しかしここまで大規模なのは初耳といえよう。

ソニーによると、ハッカーのグループが先週末、オンラインゲーム「Everquest II(EQ2)」で使われている通貨を大量に偽造したため、同グループが捕まるまでの24時間で、ゲーム内の経済が20%のインフレ状態になったという。

 EQ2の開発元であるSony Online Entertainment (SOE)のChris Kramer(広報担当ディレクター)によれば、偽造を行ったプレイヤーらは米国時間6日、同ゲーム内で通貨として通用しているプラチナを大量に偽造するために、いわゆる「デューピングバグ(duping bug)」の使用を開始したという(デューピングバグとは、オンラインゲームのコードが持つ弱点を悪用し、通貨などのアイテムを効率的に偽造するハッキング行為をいう)。

 偽造を行ったプレイヤーらはその後、不正なプラチナの売却を「Station Exchange」で試みようとした。Station Exchangeは、EQ2で使われる武器、鎧、通貨などの仮想アイテムを売買する公式オークションシステムだ。「ゲームで使われる通貨量が約24時間で5分の1も増加した」とKramerは説明し、「この種の事柄を検知するアラームを多く用意しているが、同日、それらのアラームが一斉に作動した」と語った。

(cnet)


posted by 天津風 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ