2005年08月15日

日本、世界最速のスパコンを計画。

文部科学省が世界最速のスパコンを計画しているらしい。
「地球シミュレータ」に続く第2弾だそうだ。

計画は以下の通り。(yahoo−毎日新聞)

文部科学省は来年度から、1秒間に1京(けい)回(「京」は1兆の1万倍)の計算ができる世界最速のスーパーコンピューター(スパコン)の開発を始めることを決めた。2010年度完成を目指し、総事業費は1000億円規模。来年度予算の概算要求に約40億円を盛り込む。「患者別の手術や治療後のシミュレーション」「1平方キロメートル以下の詳細な集中豪雨の予測」「火山噴火から数分での溶岩流の予測」など、従来のスパコンの限界を超えるシミュレーションや予測が実現可能になるという。
 ◇”世界最速”目指す
 国内のスパコンは、02年に海洋研究開発機構の「地球シミュレータ」が1秒間に36兆回の計算に成功、世界最速の座を獲得した。しかし、米国で「ブルージーン」など高性能スパコンが続々と登場し、地球シミュレータは世界4位に後退。文科省は新スパコンで世界最速の奪還を狙う。
 従来のスパコンは、地球シミュレータのようにさまざまな情報を同時に処理する「大規模処理」▽ブルージーンのように検索を得意とする「特定処理」▽大量のプログラムを一つずつ処理する「逐次処理」――の3種類に分類されていた。新スパコンは、この三つの機能を結びつけた初の「複合型」を目指す。
 活用が期待される分野は、ライフサイエンスや防災のほか、天文、航空機開発、気象予測など。「新薬候補の化合物を2週間で開発」「100年かかるとされていた銀河形成のシミュレーションを1週間で終了」などの研究も想定される。


何とも壮大な話だが、私はそんな構成を取るのか気になってしょうがない。
個人的にデュアルコアOptronのブレード構成なぞを希望してみたり。


posted by 天津風 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | AV/家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ