2005年09月04日

松下、日立LGが16倍速DVD-RAMドライブを年内発売  16倍速メディアも日立マクセルなどが発表 (インプレス)

DVD-RAMが使い勝手でほかの陣営を上回っていることは論を待たないであろう。
ドラッグアンドドロップで使える利便性の高さは特筆ものだ。
しかし、弱点もまたある。それは速度だ。
ほぼベリファイを行うため、速度面においては半分となってしまう。
ベリファイレスができることはできるのだが、ライティングソフトが必須だ。

そこで、基礎的な書き込み速度を上げなければ、体感アップにはならないのだが、これまで5倍速が限界だったRAM陣営に強い味方の制御チップが現れた。

それは16倍速対応のチップだ。これにより実測で8倍弱程度が見込める。(もちろんベリファイレスなら最大16倍だ。)

16倍速対応DVD-RAMドライブは、松下電器と日立LGデータストレージがRDVDCブースで出展したほか、日立マクセルと松下電器が16倍速DVD-RAMメディアを展示した。松下/日立LGの両社とも、16倍速RAM対応ドライブはスーパーマルチとなる予定。


上記のように、登場は年内が見込まれ、早ければ近日中だろう。


posted by 天津風 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ