2010年09月11日

iPod nano レビュー<Impress>

Impress AV WatchにiPod nanoの操作法とパッケージの写真なども出てたのでここで紹介。

一方、新nanoではボリュームボタンがハードウェアになったり、アイコンを並べ替えて機能をワンタッチで呼び出せるという利点はあるが、「画面を見ないで操作」というnanoの利点が無くなった点は残念だ。shuffleの液晶搭載上位モデルとして登場したら全く抵抗は無く、「よくぞ」という完成度の製品なのだが、nanoというブランドでこのUIとなると、個人的には少し抵抗を感じてしまう。

ただし、nanoという名称は、もともと“小さい”プレーヤーを意識したものだ。そうした意味では、当初のコンセプトに基づく正常進化といえるのかもしれない。スポーツや、よりカジュアルに音楽を持ち運びたい人にとって、この小型化は間違いなく大きな魅力。フル機能音楽プレーヤーとして、有力な選択肢であることは間違いない。 (記事から)

 

どの記事にも言えることではあるが新iPod nano 6thにおいてそのUIは無条件でいいものと捉えてることはまず無い。しかしAppleの提案として疑問符はつけながらもいいものとして捉えよう、という記事は多い。



posted by 天津風 at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ