2010年09月15日

Sandybridgeの概要、発表

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100915-00000003-zdn_pc-sci

次世代のIntelの頭脳、Sandybridgeアーキテクチャ。32ナノメートルプロセス/4コアを待っていた自分にとっては乗り換える先としては最適とも言える構成だ。現用機がCore2Quad 9550であるため、期待するものは大きい。

ゲーマーであるため、ディスクリートGPUは同時に使わざるを得ないが初期不良等の判定にオンボードビデオ(オンチップビデオのほうがふさわしい?)があるのは否定すべきことではない。
2チップでなく1チップなので、電力のコントロールはさらにダイナミックになるだろう。

あくまで参考程度にしなければならないが、TDPに関しても期待したい。

今のところの想定は
Sandybridge
DDR3メモリ 4GB*2
HDD RAID0 WD1002FAEX(仮定、新世代待ち)
GeForce GTX460/1GB
ではあるが、CPUとメモリ以外は未定。来年の二月頃組み替えるつもりではいるが、いまから待ち遠しいものだ。


タグ:SandyBridge
posted by 天津風 at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ