2005年06月27日

来るのか出るのか?R520。RADEONはどうなる?

Radeon X900 XT-PE
32 pixel pipelines
10 Vertex Shader units
90nm low k with TSMC
500 MHz chip clock
700 MHz (1.4 Ghz) storing act
512 MT GDDR-3

Radeon X900 XT
32 pixel pipelines
10 Vertex Shader units
90nm low k with TSMC
450 MHz chip clock
600 MHz (1.2 Ghz) storing act
512 MT GDDR-3

Radeon X900 pro
24 pixel pipelines
10 Vertex Shader units
90nm low k with TSMC
450 MHz chip clock
600 MHz (1.2 Ghz) storing act
256/512 MT GDDR-3

Radeon X900
16 pixel pipelines
8 Vertex Shader units
110nm low k with TSMC
500 MHz chip clock
500 MHz (1.0 Ghz) storing act
256/512 MT GDDR-3


これはATinewsというサイトから引用した
次期Atiのフラグシップコア、R520の概要である。
出荷延期?という声も聞こえてくるが、注目すべきはハイエンドのスペックか。

この仕様はGeForce7800GTXを大きく上回る。スコア上も期待できる、さらにCrossFireも組んだらいったいどうなるのか・・・という期待を持たずにはいられない。

ただし、その道のりはかなり厳しいようだ。今回はATiが供給不足になりそう、というのだ。
それはそうかもしれない。これだけのリッチなGPUでは必然的に過去最大のダイサイズとなるのは明白。一部ピクセルパイプを殺してラインナップを広げるだろうが、X900 PEが採れるのは極一部となることは想像に難くない。

となると、GeForce6800ultraと同じ供給不足が再燃する。
現実的にはこの時期のゲーマーたちはX900ProとGeForce7800GTXで速度競争をするのかもしれない。

CPUののハイエンド、Athlon64X2も供給不足で今大わらわだが、同じ光景がビデオカードでも繰り返されるというのは残念でならない。


posted by 天津風 at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ