2005年07月06日

カカクコム事件続報

どうやらカカクコムの侵入事件の犯人が捕まったようだ。
容疑者は中国人の27才。
留学生で考古学専攻、らしい。

侵入の手段はSQLインジェクションの脆弱性をついたとのことらしい。
ということは、カカクコムのシステム自体もしくはアプリに欠陥があったということか。

仮にそうだとしたら、発覚直後のCEOの会見には疑念が生じるし、また万全の対策といわれても容易には信用できない。

仮に犯人にせよ、そうでないにせよ、続報には十分気を配る必要があるだろう。

個人的には価格のサイトを徴用していたので、心理的損害も請求したいが、そうはいかないだろうな。

当ブログでも続報は随時行います。


posted by 天津風 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「せきゅりてぃ」の体質 いん じゃぱーん (1)
Excerpt: 容疑者つかまりはったのぉ。 現段階ではあくまで容疑者であって犯人やあらへんのじゃが、どうしてじゃか「犯人逮捕」と書いてるサイトやらblogが多いのぉ‥‥。 これだけ注目されとる事件じゃけん、ま..
Weblog: 仰觀宇宙之大、俯察品類之盛。
Tracked: 2005-07-07 01:05
ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ