2005年07月16日

Athlon64X2、新モデル。3800+に加えて4000+?

複数のニュースサイトからの情報を総合すると、Athlon64X2の新モデル3800+に加えて4000+(L2-1MBX2、2GHz)が登場するようだ。
このことは3800+がでるという経緯を考えれば妥当なことである。
これでAthlon64X2は3800+、4000+、4200+、4400+、4600+、4800+としっかりとしたラインナップとなったと思われる。
予想実売価格だが、3800+で4万半ばとなると4000+は5万台半ばといったところか。

エンコードユーザーには3800+が、一般ユース向けには4000+がちょうどミドルエンドの最上位としてちょうど良いのではないだろうか。

OCしての上位もねらえるということで、それぞれ3800+、4000+のシングルコア版を考えていた人たちもデュアルコア版のこれらを考えても良いと思う。

なお、発売は8月とのこと。
センプロン(sempron)も64bit入荷がすぐそこにあると思われる今、楽しみが増えてきた。


posted by 天津風 at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ