2005年07月26日

楽天から情報流出?進まない情報公開。

またもや同じコメント。
「公開できない」
今回の楽天市場のショップ「AMC」関連の情報流出で、関係者は価格comと同じ表現を繰り返した。
Cnetによると、状況は以下のとおりである。

流出が判明した店舗は、株式会社センターロードが運営する輸入雑貨販売のAMCだ。楽天へは、2002年3月にから出店している。このサイトは流出が発覚したあと閉鎖されている。このほか、現在わかっている内容は以下のとおり。

個人情報の流出が確認されたのは7月23日現在で123件
流出した内容は、顧客の住所と氏名、電話番号、購入商品、生年月日、クレジットカード番号
123件はすべて、AMCの1店舗における取引情報で、その他の店舗の取引情報の流出は確認されてない

AMC店舗の楽天市場における出店以来の受注件数は約9万4000件(重複を含む)で、この内、クレジットカード利用件数は約2万1000件

今回流出したクレジットカード番号を使った不正取引については7月23日現在では確認されて
いないが、引き続き調査を継続


件数は確認されてないだけで、まだまだ伸びる可能性も無きにしも非ず。

個人的に気になっているのは、流出したと言うことそのものでなない。
してしまったのはこの後、何とかせねばならないが、今の段階でわれわれはいかんともしがたく、かつ手の出せる領域ではあるまい。

では何を問題視しているかと言えば、仮にこの情報の流出が店舗システム構築上の問題であったと仮定したら、同じシステムを用いて運用しているバーチャルモールのショップからも公になってない流出がありえる、と言うことだ。

その構築会社はワイズカートとのことだが、最低でも楽天は自モール内にこのシステムを使って構築したサイトが存在するのならばそれらのショップについての流出の有無を確認して公開する必要があるだろう。


posted by 天津風 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

楽天市場内の店舗から個人情報が流出!!
Excerpt: 楽天さんが、楽天市場内の1店舗から123人分の個人情報が流出したと発表。 流出したのは輸入雑貨店「AMC」を利用したことのある顧客の住所、氏名、電話番号、購入商品、生年月日、クレジットカード番号との..
Weblog: ぬるいSEの生態
Tracked: 2005-07-27 08:52

楽天市場で顧客情報が10万件流出した可能性が!?
Excerpt: 朝日新聞によると*******楽天(4755)が運営するインターネット上の仮想商店街「楽天市場」の顧客情報が流出していたことが分かった。流出情報は10万件以上に上る可能性がある。氏名、住所、生年月日、..
Weblog: いいかもねっと【 ニュース 】
Tracked: 2005-07-29 06:23

楽天の個人情報漏洩事件、被害件数が3万6000件に拡大--楽天以外の情報も
Excerpt: 推論ですが、全部の情報が漏れていると考えるのが正解ではないかと。 漏洩した中から漏洩したのが約3分の1なんじゃないかと思います。 会員企業を持つポータルサイトはどこでも同様の問題を 潜在的に抱えている..
Weblog: 家式 - 【ネットで探せる住宅情報・不動産仲介業】
Tracked: 2005-08-07 15:08

楽天の個人情報漏洩事件、被害件数が3万6000件に拡大--楽天以外の情報も
Excerpt: 推論ですが、全部の情報が漏れていると考えるのが正解ではないかと。 漏洩した中から漏洩したのが約3分の1なんじゃないかと思います。 会員企業を持つポータルサイトはどこでも同様の問題を 潜在的に抱えている..
Weblog: 家式 - 【ネットで探せる住宅情報・不動産仲介業】
Tracked: 2005-08-07 15:12
ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ