2005年09月11日

OCユーザー向けメモリ、2種

PATRIOT MEMORYからPC5600(DDR700)対応のDDRメモリ「PDC1G5600ELK」が発売された。PC5600は現在DDRメモリ最速となる。アルミ製の赤いヒートスプレッダを装備し、基板も赤で統一されている。



PC5600(DDR700)対応のDDR最速メモリ「PDC1G5600ELK」

 パッケージには容量512MBのメモリが2枚セット(合計1GB)で同梱されている。キャスレイテンシは3-5-5-9-2。推奨電圧は2.8〜2.9V。ショップによると「チップはSamsung製で、基板は“B6U815”を採用している」とのこと。また、DDR700での動作はDFI製“LANPARTY nF4”シリーズで確認されており、「他のマザーボードではDDR700のクロック耐性がないものが多いので注意が必要」という。販売しているのはAKIBA自作SPACE内のパーツショップOVERCLOCK WORKSで、価格は2万9800円。



ヒートスプレッダに貼られたスペックシールに“PC5600”と明記されている

 また、同店ではDDR2メモリ最速のPC8000(DDR1000)に対応したメモリ「PDC21G8000ELK」も取り扱い中だ。こちらも512MBの2枚セットで、キャスレイテンシは5-5-5-15。ショップの話では「ASUS製“P5WD2 Premium”など、一部の“i9xx”チップセットではDDR800MHzがネイティブサポートされているため、CPUのオーバークロックと合わせての使用がおすすめ」とのこと。価格は3万800円(取材時は完売、来週再入荷予定)となっている。


(akiba2go)

オーバークロックには高速メモリは欠かせない。
メモリ倍率を絞らなければならず、それは性能アップのレートを下げるからだ。
このメモリならかなりのところまで倍率を落とさずにいけるだろう。
posted by 天津風 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(2) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6816537

この記事へのトラックバック

オーバークロック
Excerpt: 【オーバークロック】CPをアップするためにオーバークロックに挑んでいます。低価格でもハイスペックなPCなんかのブログを色々
Weblog: 格安パソコン
Tracked: 2006-06-19 20:48

パソコンとサーバー
Excerpt: パソコンに関するブログにも色々ありますが、最近は結構面白いものが増えてきているようです。ゲームやサーバー
Weblog: パソコンとサーバー
Tracked: 2006-08-30 22:28
ランキングのポイントに協力していただければ幸いです。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ